同僚や友達・親にお金を借りる

会社の同僚や友達・親にお金を借りることは良くない

簡単にお金を借りることが出来て、さらにお金を貰えるのは「親」が一番近いお金の借りれる場所ではないかと思います。
親がいない人もいますが、大抵の人は両親がいて親のスネをかじって生きているのが、今の世の中だと思います。
利子もつけないで、返済期日もつけないで、借用書もなしにお金を貸してくれる人なんて、自分の親しかいないでしょう。

 

さらに、自分でお金を稼いで来ても、自分のためにお金を使う人が多く、自分の給料だけでは足りないで人にお金を借りるようになるのです。

 

こうなると、お金のありがたみという部分は気がついていないのが現状で、お金を借りることにも抵抗を感じなくなっていたりします。

 

会社の同僚や親でも他人でも、人にお金を借りることに抵抗を持つようにしましょう。

 

親に借りるより、さらに危ないのは、会社の同僚や友達に簡単にお金を借りようとすることです。
友達にお金を借りることが出来ると分かれば、自分でお金を貯めるということもしなくなりますし、節約しなくても最後は友達に借りれば良いという心境に流されてしまうのです。

 

注意しないと、心は弱い方に流れて行く習性があるので、その点だけは注意が必要だと思いますね。

 

友達にお金を借りた場合には、お金を返さないと同時に友達を失うということも、視野に入れておかないととんでもない目に遭いますね。

 

お金がない時には、目先のことしか見えなくなるので、お金を借りるのであれば、しっかりとした金融機関を利用して期日に返せる大人の借り方をしましょう。

 

最低でも友達をなくさないという行動が、必要だと思いますね。
会社の同僚にお金を借りてトラブルと最終的なは仕事すらも失うことになるので注意が必要です。

 

お金は必要に迫られる時もあるのが人生ですが、遊びのお金は必要に迫られたお金ではないと知っておきましょう。
遊びでの借金に良いことなどないのは、当たり前の事実だということですね。